なぜ今、「綱引き」がブームなのか

意外なチームスポーツに燃える人々

「もっと抑えて!」「動け動け」「まだまだ!」「いけいけいけ!」

当初は両者とも一糸乱れずに引いているが、しだいに綱が「8'駆欧来」側に手繰り寄せられる。「下志津綱人」も息を合わせて足を踏ん張り、懸命にこらえていたが、結局4メートル引かれて、「8'駆欧来」に一戦を取られてしまった。

審判の笛が響き渡ると、「ああ」という失望の声と同時に、「やった!」「よし!」と喜びの声が聞こえる。

「綱引は、紳士・淑女のスポーツなんです」

千葉大会での「 下志津綱人(しもしづつなびと)」。8人の力が結集して大きな1つのベクトルに。強豪チームと対戦すると、ロープが鉄の棒のように硬く感じるという

その近くで、次の試合を控えた選手がマジックリンなど家庭用洗剤でシューズの底をゴシゴシとふいている。靴底に細かいチリやホコリが残っていると、滑りやすくなるからだ。

試合直前には、競技エリアでは係の人が入念にモップでチリを取り除き、選手はシューズにかけておいた白いカバーをそっと外す。豪快なイメージの綱引だが、こうしたデリケートな面もある。

正式な大会では、選手は襟の付いたスポーツシャツ、ショートパンツを着用するのが決まりで、試合後は、対戦選手とのハイタッチがマナーとなっている。

「綱引は、紳士・淑女のスポーツなんですよ」と、近くの選手が教えてくれた。

社団法人日本綱引連盟によれば、おおよその競技人口は、男性は1万2000人、女性は5000人程度という。運動会シーズンになると、「どうしたら勝てるのか」「できたら指導者を紹介してほしい」などの問い合わせが増えるそうだ。

そんな綱引のルールは至ってシンプルだ。

選手は8人対8人で勝負に挑む。ほか交代要員2人と監督、トレーナー(兼任可)が必要で、それで1チームとなる。選手は綱を持って用意をし、審判の合図で試合がスタート。先に自分のほうに綱を4メートル引っ張ったチームが勝ちとなる。

腰に装着する保護ベルトはOKだが、手袋は禁止。競技中は審判に、故意の床への座り込みや、ひざや腕を使ってロープが動かないようにするロッキングなどの反則を3回カウントされると負けとなる。

次ページ頭脳戦、心理戦の醍醐味
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT