「キャリアチェンジ」に挑む人に必要な視点

人手不足でもこんなに大変!

ちなみにSさんが転職活動で探している仕事は、これまでの経験をあまり生かすことないマーケティングプランナーという職種。ネットメディアを活用したマーケティング戦略の企画・提案を行う仕事です。最近はFacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディア広告の企画、運用、分析、改善提案をするのが役割。個人的に活用している人はたくさんいますが、商用の運用経験をしている人が少なく、求人がたくさんある職種です。

一方でSさんのこれまでの仕事はアカウントプランナー。クライアントに対するマーケティング戦略の企画提案が主な仕事でした。つまり、未経験の職種へのキャリアチェンジなのです。

キャリアチェンジの転職を成功させるには?

職務内容や環境も異なるため、これまで自分自身が経験・習得してきた技術が次に生かされない可能性があります。ゆえにキャリアチェンジ希望の人材の採用の門戸は狭く、売り手市場でも簡単に決まらないのです。中途採用で会社が期待するのは「これまでの経験・人脈・ノウハウ」など。これを生かさないキャリアチェンジの転職を希望するなら、人手不足という市場環境であっても、自分が受ける恩恵などないという覚悟で取り組むべきでしょう。

それでも、そんな難度の高いキャリアチェンジの転職を決めたいならどうしたらいいのか? なんとなくあこがれの職種だから……とゆるい志望動機ではダメです。相手を納得させるストーリーをしっかり作り込むことが必要です。

これまでの経験がキャリアチェンジにつながっていたという感じのストーリーでしょうか。たとえば、

「営業の立場ながら、マーケティングの仕事に積極的にかかわってきました。その結果として成長を実感できる機会に数多く恵まれたのでキャリアチェンジを目指す決意をしました」

とあこがれだけでなく意欲や納得性の高い理由を織り交ぜて回答すべきでしょう。

職務経歴では、余計なことは書かないほうが無難です。たとえば、Sさんであれば営業職としての業績をアピールしたいところでしょうが、キャリアチェンジ転職では余計な情報かもしれません。それよりも営業プロセスで行った業務分析とか企画力の高さを示す仕事ぶりをしっかり把握し、強調することのほうが重要です。

さらに、経験者を超えるくらいの情熱と思いを込めることが大事です。こうしたきめ細かい工夫を重ねても、キャリアチェンジの転職は簡単ではありません。どうしてもという場合は、覚悟をもって取り組んでください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽの闇 金融商品の罠<br>あなたの親も騙されている

犠牲になったのは郵便局を信頼していた人たちだ。編集部に寄せられた多くの声の主である現役・OBの郵便局員や被害者を徹底取材、かんぽ生命の「組織の闇」をえぐり出す。かんぽだけではない。その他の金融商品にも思わぬ罠が。

  • 新刊
  • ランキング