中高年のキャリアチェンジは「負け組」なのか

「過去の成功体験」を忘れる必要はない!

中高年になって急なキャリアチェンジを強いられても、自暴自棄になってはいけません(写真:wavebreakmedia / PIXTA)

できるだけ楽をしたい。できれば働きたくない。なぜなら、今の仕事は自分には向いていないから……。そんな思いを引きずりながら毎日出社する人たちは、学生から社会人になり切れない若者だけにとどまらず、今や幅広い世代に広がっています。

「自分に合わない仕事で会社に尽くすなんてイヤ、自分の時間を大切にしたい」という思考は、一見、理にかなっているような気もします。ただ実際は、活躍の機会や自分の居場所を見出せないことに投げやりになっているときの、典型的な思考だったりもします。

周囲を恨んでも、状況は変えられない

これらは最近、若い世代よりむしろ40代以降の中高年世代に多く見られる現象になってきました。

バブル時代に大量雇用されたこの年代は、限られた管理職ポストに就けず、宙に浮いてしまうことも少なくありません。その結果、今までまったく経験のない部署や業務に転属になることもあり、それを機にうつ症状を起こしてしまうケースも散見されます。

またこういう場合には、「今までの自分の努力を評価されなかった」という理不尽な思いでいっぱいになり、強い無力感に陥ったり、他罰的な考え方に走ってしまったりする傾向もみられます。

しかし、どんなに会社や周囲を恨んでも、現実が変わることはありません。その状況に、いかに順応していくか。これこそが、その後の会社人生を快適に過ごしていけるかの「分かれ道」になるのです。

次ページ「思い込み」が自分の限界を作っている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT