京都「超内向き」気質が今、様変わりしている

気鋭の若手リーダーたちが打ち出す一手

着物体験をはじめ、外国人観光客にも「開かれた場」が京都に増えています

「ぶぶ漬け(茶漬け)でもいかがどすか?」。

京都に伝わる、そんなフレーズをご存じだろうか。表面的には、訪問者に対しお茶漬け(コーヒーだったり、お茶だったりもするが)を勧める言葉だが、実際は「そろそろ帰ってくれませんか」を暗示していると言われている。1200年の歴史のある京都の保守的な面を表す例として引き合いに出されることが多い言葉だ。

「実際にそのような表現は存在しない」と主張する京都人が大半であるし、幸いにしてまだ筆者も言われたことはないが、自身も含め、京都人の伝統的気質を表している言葉であることは確かだろう。

ここへ来て一段と人気が高まっている理由は?

暮らしているときには感じなかったが、東京や海外で働くようになってから仕事で京都を訪れると、打ち解けるまで時間がかかったり、なかなか本心を見せてくれなかったりと、京都人の独特な性質をより客観的に感じるようになった。

その京都(京都市)が、米国の大手旅行雑誌「トラベル+レジャー」人気観光都市ランキングで、2年連続1位に選ばれた。「清水寺の紅葉ライトアップ」「雪の金閣寺」「幻想的な伏見稲荷の鳥居」、インスタグラムには外国人が投稿した魅力的な写真が並ぶ。

日本のほかの都市と比べても、以前から京都は人気があった。でもここへ来て、その人気はもう一段引き上がり、世界のさまざま都市と比較してもトップレベルに君臨するようになっている。

外国人は京都のどんなところに惹かれるのか。また、歴史と伝統を受け継いできた元来「内向き」な京都では、どのような「新しい一手」が打たれているのか。京都出身の筆者が現地視察を踏まえて分析する。

次ページ日本文化に「詳しすぎる」外国人が急増中
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。