凸版印刷はキンドルに勝てるのか

グループのブックライブが電子書籍端末発売

同イベントには、人気お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二さん、又吉直樹さん(=タイトル下写真=)をゲストで呼ぶなどPRにも熱が入る。ただ、日本の電子書籍専用端末では、報道などで騒がれる「キンドル」や「コボ」などが目立ち、「リディオ」の知名度は圧倒的に劣る印象だ。販売ルートが狭いのも不利である。

電子書籍は規格・方式が乱立

凸版印刷グループで、東芝やNEC、日本政策投資銀行などの出資も受けているブックライブだが、リディオのコンテンツの豊富さや利用の手軽さが、「ブランド志向」「有名志向」の強い日本人にどこまで通用するかは未知数だ。

結局のところ、電子書籍端末市場は、さまざまな規格や方式が乱立した混戦模様となっており、ユーザーの側からすると、どの端末が主導権を握るかを見極めなければ、うっかり飛びつくとケガをするおそれがある。日本のどんな分野でも起きてきたことが、また繰り返されようとしているようにも見える。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT