時代に負けない、キャリアの”背骨”の作り方

普遍性の高い、自分らしさを見つけよう

前回記事はこちら)

普遍性の高い学びを心掛ける

スペシャリストもジェネラリストもそのままでは通用しない時代の今、キャリアに向き合うには、(1)「積み重ねる」より「つなぐ」、(2)具体的目標より習慣、(3)自分らしい幸せなキャリアをつくる、といった姿勢が重要だとここまで述べてきた。

こうしたキャリアを実現するため、どのように働き、どのように学ぶべきだろうか。そのためには、普遍性の高い学びを心掛けることだ。「想定外変化」が起こる時代には、積み上げた知識やスキルが急に使えなくなることもあるが、それまでに学んだことの普遍性が高ければ、新しい仕事や環境でも類推を利かせることができる。

また、普遍性の高い学びを蓄積すれば、それが下支えとなり、「想定外変化」に際しても、ラーニングカーブ(成長曲線)における落下の幅を小さくすることができる(図表1)。

では、普遍性の高い学びはどうすれば得られるのか、そのヒントを3つご紹介しよう。

次ページ特定分野の深堀りも役に立つ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT