時代に負けない、キャリアの”背骨”の作り方

普遍性の高い、自分らしさを見つけよう

前回記事はこちら)

普遍性の高い学びを心掛ける

スペシャリストもジェネラリストもそのままでは通用しない時代の今、キャリアに向き合うには、(1)「積み重ねる」より「つなぐ」、(2)具体的目標より習慣、(3)自分らしい幸せなキャリアをつくる、といった姿勢が重要だとここまで述べてきた。

こうしたキャリアを実現するため、どのように働き、どのように学ぶべきだろうか。そのためには、普遍性の高い学びを心掛けることだ。「想定外変化」が起こる時代には、積み上げた知識やスキルが急に使えなくなることもあるが、それまでに学んだことの普遍性が高ければ、新しい仕事や環境でも類推を利かせることができる。

また、普遍性の高い学びを蓄積すれば、それが下支えとなり、「想定外変化」に際しても、ラーニングカーブ(成長曲線)における落下の幅を小さくすることができる(図表1)。

では、普遍性の高い学びはどうすれば得られるのか、そのヒントを3つご紹介しよう。

次ページ特定分野の深堀りも役に立つ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT