時代に負けない、キャリアの”背骨”の作り方

普遍性の高い、自分らしさを見つけよう

人間には環境適応力があるが、必要な能力が強化されるには、少なくとも3000年必要だという。そして現代は変化が速すぎて人間の進化のスピードがまったく追いついていない。

その結果現代人は、仕事ばかりして、使っていない機能が弱体化し、結果的に人間としての総合能力が劣ってしまう危険性をはらんでいる。

たとえば、事実と数字だけの頭脳仕事ばかりやっていると、感情脳が弱くなり、仕事だけでなく日常生活においてもキレやすくなってしまう。

また、観光業界の人から聞いたことだが、昨今パンフレットの料理の写真と実際の料理が1品でも違うとクレームが来るそうだ。観光船のパンフレットにクジラの写真を載せる際にも「見られないこともあります」と必ず念押しが必要だという。

ビジネスでは、約束や予定は守ることが前提となり、それを守らない者が責めを負う。しかし、人生やあるいは大自然と対峙すると、むしろ「ままならない」ことのほうが多い。こうした「ままならない」ことに耐性がない人は、自然相手であっても、「予定どおりじゃないと嫌だ」と言い出すようになる。

そしてそういう人はビジネスにおいても、ある日急に「想定外変化」が起こって、違う能力が必要になった場合、使いものにならないものだ。

つまり、逆説的だが、仕事ばかりがんばっても、仕事に必要な能力は身に付かないのだ。休日はアウトドアで遊ぶなど、自分の仕事で使わない能力は仕事以外の場で積極的に補填しないとまずい、と声を大にして言いたい。

ワークとライフは単に時間的なバランスではない。統合の問題である。ちゃんとライフを生きないと、ワーク自体もおぼつかなくなる。ライフのないワーク人生は今日成り立たないのだ。この点は、おせっかいな警鐘として加えておきたい。

(撮影:梅谷秀司)

 

 

 

 

 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
米国・イランのチキンゲーム<br>本質を知るための5大論点

ソレイマニ少将の殺害、報復攻撃と、米国とイランの対立が先鋭化し、年頭から世界を震撼させました。中東情勢が激動する中で、注視すべき事態の本質とは。国際政治からイラン経済まで、日本屈指のプロ5人に見立てを聞きました。