穀物中心に原材料高騰、川下では低価格競争

【産業天気図・食品】

昨11年度前半は東日本大震災の直後にあたり、食品業界は「買いだめ特需」に沸いた。品薄感から消費者がカップ麺やレトルト食品、調味料などを買い占めに走り、値引きや特売、広告宣伝をしなくても売れる状況に。その結果、一時的に食品メーカー各社の利益がハネ上がった。

だが、11年度後半から徐々に震災前の状況に戻りつつあり、消費者の財布のひもが固くなる中、特売や値引き競争、広告宣伝が復活。12年度前半は前年同期の反動から、多くの企業が減益となった。

12年度後半以降も、消費者の節約志向は続くと見られる。同じく震災後の「買いだめ特需」剥落の影響を受けた食品スーパーなど小売り各社は、さらなる低価格戦略で集客をはかっており、定番食品を中心に値下げをするケースが増加している。

低価格化の波も

さらなる脅威は、小売り各社があらゆる品目で自主企画(PB、プライベートブランド)商品を拡充していることだ。しょうゆや中華調味料など嗜好性が強いカテゴリーでは、メーカーのNB(ナショナルブランド)が依然として強いが、パンや菓子、総菜などではPBが幅をきかせるように。小売り各社は、自社にとって粗利のよいPBの品目を一段と拡充する方針だ。

低価格戦略と一線を画し、PBとの差別化を図るためには、相当の付加価値が必要になる。ただ、東洋水産の袋麺「マルちゃん正麺」、密閉容器に入ったキッコーマンの「しぼりたて生しょうゆ」のように、消費者の支持を得る新商品も出てきている。消費者のニーズを探り当てるため、メーカーの模索が続きそうだ。
 

12年10月~13年3月 「曇り」

13年4月~13年9月 「曇り」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。