穀物中心に原材料高騰、川下では低価格競争

【産業天気図・食品】

食品業界では、12年度後半から13年度前半にかけて、引き続き「曇り」の状況が続きそうだ。

メーカー各社の頭を悩ませ続けているのが原材料の高騰。12年8月下旬には、シカゴの大豆、トウモロコシ相場が史上最高値を更新。一般的に、この時期に高値で調達した原材料が加工されるのは12年度後半以降になる。

輸入小麦は政府が一元的に管理しているが、12年10月から売り渡し価格が全銘柄平均で3%引き上げられた。製粉各社の在庫などを考慮すると、価格引き上げの影響が製パン業界、製麺業界などに及ぶのは年明け以降。13年4月には、さらに売り渡し価格が引き上げられる可能性もある。

日清オイリオやJ-オイルミルズなど製油各社は、4月、7月に続き10月にも家庭用、業務用の油を値上げすると発表。キユーピーや山崎製パンなど業界最大手メーカー各社も、原料高が続けば値上げも検討するとしている。穀物だけでなく、ソーセージ皮の原料となる羊腸など、前期から引き続き高止まりが続くものもある。

原料高でも値上げ困難

問題は、原材料が高くなったからといって、簡単には最終製品の値上げが浸透しないことだ。12年度後半に入り、小売り各社の低価格競争が一段と激しさを増している。

 

次ページ値上げが難しい理由は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT