バナナが時間計測単位の国を知っていますか

世界中にある「日本語に訳せない言葉」の魅力

これも直訳がなかなか面白い言葉の1つ。イディッシュ語「ルフトメンチュ」。意味は本書で

同じくドイツ語「Kummerspeck(クンマーシュペック)」は、私が「この言葉、使える!」と思った言葉のひとつだ。直訳すると「悲しいベーコン」。

その真意は「食べすぎがつづいて太ること」だ。「よくある!」と思わず私も意気込んでしまったが、まさかたった一言でそれを言い合わしてくれるとは、なんて便利なのだろう。個人的には、ベーコンはあまり食べないため、「悲しいケーキ」かもしれないが…。

これも直訳がなかなか面白い言葉の1つ。イディッシュ語「ルフトメンチュ」。意味は本書で。

「愛」の表現は万国共通で必要だ

『翻訳できない 世界のことば』 (創元社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

ここで紹介をしすぎてしまうと、本書での言葉との出会いの感動が減ってしまうため、このあたりで控えておきたいと思うが、他に紹介されている言葉のなかには「愛」に関する言葉が少なくない。やはり「愛」の表現は万国共通で必要とされるもののようだ。

また、本書では日本語の単語もいくつか紹介されている。私たちが当たり前のように使っている言葉が、日本独自の表現なのだという気づきも新鮮だ。なお、そのなかのひとつは、HONZ愛読者であれば、絶対に使ったことがあるはずの言葉だ。ぜひ、本書で見つけて、この言葉がない世界を想像してみてほしい。きっともどかしい気持ちに駆り立てられるはずだ。

私が気に入った言葉の1つ。タガログ語「キリグ」

ちなみに私が本書で出会い、「この概念、素敵!」と世界観が広がったのが、ヘゼリヘ、キリグ、ウブントゥ、ティヤム、ナーズ。

「この感覚を表現する言葉がほしかった!」と“痒い所に手が届いた”言葉が、カーベルザラート、シンパティクシュ、レースフェーベル、ヴェシランド、ヴェルトアインザームカイトだ。

ぜひ本書で、言葉との出会いを楽しんでみてはどうだろうか。

(※画像は筆者のエラ・フランシス・サンダースから、特別に提供いただきました。エラのホームページ ellafrancessanders.com で一部の画像は購入も可能です。)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。