化粧品の口コミサイト、なぜ人気に?

若い女性を惹きつけるアットコスメ

――ではいずれ、3000億円ある化粧品広告の、何%を取れるでしょうか。

とりあえず、全体の売り上げは100億円に持って行きたい。広告事業に関しては、化粧品全体の中で1%に満たないというのは、そんなわけないだろうと思います。アイスタイルの広告収入だけでなく、せめてネット広告全体で10%くらいを取れたらいいですね。

誤解されがちではありますが、自分たちが業界全体を大きく変えていこうとは思っていません。基本的には化粧品業界がネットに本格対応していくことを見据え、広告収入を得られる受け皿をちゃんと作っておきたい。広告だけでなく、自社の店舗展開を含め、化粧品業界に関わるサービスを手広くやっている会社であり続けたいとも思っています。メーカー横断的な購買データを集めるという目的は、創業以来から変わりません。

■プロフィール 1972年、千葉県出身。東京理科大学 基礎生物学部 生物工学科卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社し、システムコンサルティング業務に就く。1999年、同社を辞し有限会社アイスタイルを設立、化粧品口コミサイト「アットコスメ」を開設する。その後化粧品のネット通販、実店舗である「アットコスメストア」などに事業を多角化。2000年に株式会社アイスタイルに組織変更、2012年には東証マザーズに上場を果たす。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT