山の世界から見る新しい日本

新世代リーダー 山田 淳 登山ガイド

山田 淳
フィールド&マウンテン 代表取締役
山田 淳
1979年、神戸市生まれ。灘中学・高校、東京大学経済学部卒業。大学在学中の2002年5月、当時の七大陸最高峰最年少登頂記録を更新する。06年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社し、コンサルタントとして活躍。10年2月、フィールド&マウンテンを設立。登山ガイドとして活動しながら、山道具のレンタル事業やフリーペーパー「山歩みち」を発行している。
エベレスト、マッキンリー、キリマンジャロなど「世界7大陸最高峰」を2年半で制覇し、2002年5月に当時の最年少登頂記録を作った山田淳さんは、登山家としては、一風変わったルートで日本の“最高峰“をも登頂している。灘校から東大、マッキンゼーへ。こちらの「知」の世界から山の世界を眺めれば、まったく異質な世界に思える。なぜその道に分け入っていったのか?

屋久島が山田少年に与えた衝撃

山田さんが登山を始めたのは、灘中1年生のとき。運動部に入りたかったが、小児喘息を患っていたため、あまり激しい運動ができないというコンプレックスを抱えていた。

「できるだけ人と競わないような運動部はないか。それとも文化部に入ろうか、とちょっと日和っていて、たまたま文化部の部室が集まっている建物の端っこにあったワンダーフォーゲル部に入った」

その年の夏合宿で屋久島に行ったのが初登山となる。神戸で生まれ育った山田さんの周りには、幼い頃から電車や建物、舗装された道路が存在した。しかし、屋久島の山の中に入ると、そうした人工物が一切ない。

100%、自然に囲まれている状態に感動してしまった。山というより、自然というものに完全に魅せられてしまったんです」

このときの感動が原体験となり、登山に夢中になる。といっても、ワンゲル部は山に登っていないときは、基本的に毎日走ったり、筋トレをしたりという基礎体力づくりが中心だ。だんだん体が強くなり、中学2年に上がる頃には喘息がすっかり完治していた。

次ページバックパッカーとして世界中の山に挑戦
関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今だからこそ光る<br>絶好調企業の秘密

なぜあの会社の収益力は高いのか。パーク24、「かつや」のアークランドサービスなど17社の稼ぎの秘訣を大公開。テーマは「内需」「海外」「新市場創造」「重厚長大企業の復活」。産業天気図や出遅れ銘柄ランキング、株価10倍銘柄なども。