山の世界から見る新しい日本

新世代リーダー 山田 淳 登山ガイド

最年少登頂記録を打ち立てる

海外の山に初めて挑戦したのは、東大に入ってから。高校時代に愛読していた植村直己の『青春を山に賭けて』や、沢木耕太郎の『深夜特急』シリーズ、ディック・バスの『7つの最高峰』の影響である。海外で登山をして、バックパッカーで日本に帰る。そんな旅をしてみたいという夢が膨らんでいた。

1回海外に行くと大体3週間ぐらい。登山自体は2週間ぐらいで終わって、あとの1週間は安宿に泊まってあちこち回る。これが楽しい。航空券と宿代、入山料を合わせて、30万円もあれば山1つ行けた」

この費用を捻出するため、大学時代はアルバイトに明け暮れる。お金が貯まったら海外で山に登り、また日本に戻ってお金を貯めて、海外で山に登る。その繰り返しだ。

そして、239日で「世界7大陸最高峰最年少登頂記録」を更新する。このとき、大学3年生。記録を作ったこともあり、旅行会社から登山ガイドの仕事が舞い込んできた。以後、毎週末、登山ツアーのお客さんと一緒に国内外の山に登るようになる。

「山登りの楽しさをたくさんの人に伝えたい。もっと登山ファンを増やして、山に登ってもらいたい」

これをライフワークにしようと決め、登山ガイドをして生きていこうと考えた。裕福な生活はできないかもしれないが、食べていくには困らない程度の収入は得られる。大学を卒業する気はほとんどなくなっていた。

それがなぜマッキンゼーに入ることになるのか?

次ページ人気登山ガイドとして直面した壁とは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT