化粧品の口コミサイト、なぜ人気に?

若い女性を惹きつけるアットコスメ

なんとかブランドの担当者とつながることができた後は、自分のやりたいことを1人1人に根気よく説明しに行きました。理解してもらえるまでにはかなり時間がかかりましたが、そのうち担当者の1人がファンになってくれて、それが2人、3人と増えていきました。

――消費者側の反応はどうでしたか。女性のネット使用率が低い中で、商品への口コミを活発に書き込むというスタイルが、受け入れられたのでしょうか?

口コミのためのサイトを開けておけば、書き込みは必ずたまっていくという確信がありました。そもそもコミュニケーションは音声とテキストの2パターンが基本。たとえば、井戸端会議をしているおばちゃん達が「あの化粧品はいい、この化粧品はイマイチ」と話していたって、誰も不思議に思いませんよね。

口コミは自然に根付くと確信

同じことが、テキストコミュニケーションにも当てはまるはずです。興味のあることに対してはみんな議論するんです。音声かテキストか、その手段は単に個人の得意不得意や好みで決まっている。これから間違いなくネットが普及する中で、口コミは自然と根付いていくだろうと思っていました。

ただ初期段階では、書き込みやすいような工夫も行いました。商品カテゴリーは今でこそ150くらいまで増えましたが、最初はメルマガを利用してクローズドなところに口コミを集め、ある程度数がたまりはじめて見栄えがするようになったカテゴリーから順次リリースしていくとか。そんな細かいことを積み重ねてきました。

――口コミは選別せずに全部載せているんでしょうか。食べログでやらせ事件が起きるなど、口コミの運用は難しい面もあります。

アットコスメのようにプロダクトごとの評価でなければ、口コミはうまく機能しないんだろうと感じています。食べログの場合、消費者によるレビューが店単位だからやらせが起きてしまった。これがメニュー単位だったら少し違ったかもしれません。

次ページ競合する企業は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT