就職先を探す際、絶対やってはいけないこと

「どんな仕事があるのか」を探すのは無意味

仕事というものは一度選んだらお終いではありません。途中で変えてもいいのです。私自身3回仕事を変えています。それは失敗ではなく、人生における自分自身の成長なのでしょう。

経験を積むと、どんどん新しいことが見えるようになります。だからこそ、世間基準ではなく自分基準でその都度の自分の状況に合わせて物事を判断することが、より普通にできるようになります。

仕事を選ぶ際も、一度何かしらの仕事を経験すれば、自分にとっての向き不向きもわかるでしょうから、選ぶ基準がどんどん磨かれていきます。ましてや情報量もどんどん増えてくるわけです。

受け身ではなく積極的に!

しかしながら、ちあきさんはまだ仕事は未経験なわけですし情報量も少ないわけですから、仕事を選ぶ際にはどんな仕事があるかという受け身で選ぶのではなく、自分自身が興味のあることに関連する仕事を探す、というアクティブな姿勢が大事です。

なぜならば仕事における選択肢はほぼ無限大ですから。そして若いちあきさんの可能性も無限大です。その無限大の可能性を、「安定」という他人が作り上げた幻想や、勝手に全部と思い込んだ選択肢の中に捨ててしまうのはもったいないです。

それよりも自分の興味のあることに、自分自身を懸けてみるほうが楽しいと思いませんか? ご自身の興味のあることをまずは棚卸ししてみましょう。そしてそれに合う仕事を探せばいいのです。

ちあきさんが理想とする仕事に出合えることを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。