飛躍するベンチャーの見分け方

自分の力で会社を変えることを楽しもう

成長する市場に身を置く

ベンチャーでは若いうちからいろいろな経験ができるので、将来は経営者になりたいという人の比率がかなり高い。採用面接で「将来は起業したい」と言っても、きちんとした考えに基づいていれば問題ない。私は会社と個人の間にはいい緊張関係が必要だと思っている。

たとえば、エンジニアが会社から命じられた技術領域で10年、20年と仕事をしてきて、その技術が業界で陳腐化したとする。個人が会社に依存していると、会社に言われたとおりにやってきたのだから自分を守ってくれ、という話になるが、それは健全ではない。

個人は自分の市場価値を上げるために、この技術は古いからもうやりたくない、これをやらされるぐらいなら辞める、という選択をすべきである。会社側も、優秀な人材をつなぎ留めておくために、個人の成長欲求を満たし続ける責任がある。健全な緊張関係が保たれていれば、会社も個人も成長していく。

とはいえ、みんなが起業をめざして入社してくるわけではなく、グローバル競争下における会社の可能性とか、会社がめざしていることに共感して入ってくる人のほうが多い。世の中の動向を見定めて自分のキャリアを真剣に考えたら、ベンチャー企業という選択はリーズナブルな解として出てきて当然だと思う。

世の中の変化のスピードが速くなり、一個人の社会人としての寿命より、会社の寿命のほうが短いといわれるほどになっている。となると、自分の価値をしっかり高めて、どこに行っても食べていける実力をつけることが重要だ。

次ページ今でもヤフー人材は取り合い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。