飛躍するベンチャーの見分け方

自分の力で会社を変えることを楽しもう

しかも10年、20年ではなく、3年、5年のスパンで考えて、自分なりのキャリア戦略を持っていたほうがいい。

1つの考え方としては、どの会社に入るかより、どの業界を選ぶかのほうが大事だと思う。まずは中長期的な成長が見込まれる市場や産業に身を置く。個人がいかに優秀でも、業界がシュリンクしてしまえば生き残れなくなるからだ。

逆に情報産業、インターネット産業はマーケットがどんどん広がっているから、個々の企業の栄枯盛衰はあっても、個人に与える影響は軽微で済む。

たとえば10年前の米国では、ヤフーの競争力が非常に高かった。しかし今はGoogleやFacebookに押されている。それでも、当時ヤフーにいた人たちが仕事を失うことはない。

GoogleもFacebookもTwitterも彼らを欲しがり、取り合いになっている。つまり、不安定に思われがちなインターネット業界は、実は最も安定した産業の1つなのである。

成長産業のなかでもインターネットベンチャーが魅力的なのは、時代を代表する産業だからである。50年後、100年後に今を振り返ったら、情報革命、インターネット革命の時代であったと社会科の教科書に書かれるだろう。

時代のカッティングエッジに立ち、成功事例を作り出していく仕事は間違いなくエキサイティングだ。新興&小規模企業は不安定ではあるが、業界が拡大していれば、個人にとっては大した問題ではないのである。

次ページベンチャーでは遠慮は捨てたほうがいい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT