飛躍するベンチャーの見分け方

自分の力で会社を変えることを楽しもう

しかも10年、20年ではなく、3年、5年のスパンで考えて、自分なりのキャリア戦略を持っていたほうがいい。

1つの考え方としては、どの会社に入るかより、どの業界を選ぶかのほうが大事だと思う。まずは中長期的な成長が見込まれる市場や産業に身を置く。個人がいかに優秀でも、業界がシュリンクしてしまえば生き残れなくなるからだ。

逆に情報産業、インターネット産業はマーケットがどんどん広がっているから、個々の企業の栄枯盛衰はあっても、個人に与える影響は軽微で済む。

たとえば10年前の米国では、ヤフーの競争力が非常に高かった。しかし今はGoogleやFacebookに押されている。それでも、当時ヤフーにいた人たちが仕事を失うことはない。

GoogleもFacebookもTwitterも彼らを欲しがり、取り合いになっている。つまり、不安定に思われがちなインターネット業界は、実は最も安定した産業の1つなのである。

成長産業のなかでもインターネットベンチャーが魅力的なのは、時代を代表する産業だからである。50年後、100年後に今を振り返ったら、情報革命、インターネット革命の時代であったと社会科の教科書に書かれるだろう。

時代のカッティングエッジに立ち、成功事例を作り出していく仕事は間違いなくエキサイティングだ。新興&小規模企業は不安定ではあるが、業界が拡大していれば、個人にとっては大した問題ではないのである。

次ページベンチャーでは遠慮は捨てたほうがいい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT