スクエニとグリー、本格タッグの狙いとは

有力4タイトルを供給

スクエニとグリー、本格タッグの狙いとは

「ドラゴンクエスト」「FINAL FANTASY(FF=ファイナルファンタジー)」シリーズで知られる、大手ゲームソフトメーカーのスクウェア・エニックス。「探険ドリランド」「聖戦ケルベロス」などの携帯向け交流・ゲームサイト「GREE」を運営するグリー。両社が本格的に手を組んだ。

スクウェア・エニックスはグリーが展開するソーシャルゲームのプラットフォーム向けに有力4タイトルを投入する。10月23日から事前登録を開始し、登録したユーザーを対象にゲーム内で使える特典を付与するキャンペーンも実施する。

スクエニが投入するタイトルは「FINAL FANTASY×GREE(仮称)」、「すばらしきこのせかい LIVE Remix」、「聖剣伝説 サークル オブ マナ」、「チョコボのチョコッと農園」。タイトルのIP(Interllectual Propery=知的財産)はスクエニが有するが、開発はグリーと共同で行う。「FINAL FANTASY×GREE(仮称)」は年内、残り3タイトルは今冬投入を予定する。

中でも目玉のタイトルは、「FINAL FANTASY×GREE(仮称)」だ。ファイナルファンタジーシリーズは、1987年の第一作目の発売以来累計タイトルは46に及び、パッケージソフトの累計出荷本数が全世界で1億本を超える超ビッグタイトル。グリーの競合であるディー・エヌ・エー(DeNA)も今年1月から自社のプラットフォーム「モバゲー」上で「ファイナルファンタジー ブリゲイド」を投入し、月商十数億円規模の主力タイトルに育っている。

同日都内で開かれた会見でグリーの田中良和社長(=写真左=)は、「今年25周年を迎えるFFがソーシャルゲームで遊べるようになることで、市場の活性化につながる。これまでと違った新たな遊び方が提案できる」と説明。スクエニの和田洋一社長(=写真右=)は「ソーシャルゲームは旧来のパッケージゲームと比べリズムやツボの捉え方が全く違うが、グリーはそこをものすごく上手く捉えている。この共同案件によって、我々も学びたい」と語った。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT