焦点は“コンプガチャ後”の戦略 グリー、DeNAの正念場

焦点は“コンプガチャ後”の戦略 グリー、DeNAの正念場

コンプガチャ問題から5カ月。ソーシャルゲーム各社の業績は再び勢いを取り戻している。グリー、DeNAの2012年4~6月期決算では減速したが、両社とも7~9月期以降、回復を見込む。

コンプガチャはガチャという1回300円の「電子くじ」によって特定の数種類のアイテムを全部そろえると、ゲームで使用できる別のアイテムを新たに入手できる仕組みだ。射幸性が高く、消費者庁は「景品表示法上禁止される行為、つまりカード合わせの方法を用いた懸賞による景品類の提供に該当する」(松原仁消費者担当相、当時)と判断。7月1日から規制が始まった。

コンプガチャなき後、ソーシャルゲームの成長を支えているのが、「ボックスガチャ」や「パッケージガチャ」といった新手法のガチャだ。これらは200~300枚の「福袋」から一つひとつアイテムを抜き出すもの。福袋に入っているレアアイテムの枚数をユーザーは事前に見ることができ、アイテムの組み合わせが必要ないため、「景品表示法には抵触しない」(消費者庁表示対策課の片桐一幸課長)とされている。

グリー、DeNAとも5月中にコンプガチャを廃止したが、6月には新手法のガチャを開発。グリーは『ドリランド』や『モンプラ』、DeNAは『怪盗ロワイヤル』や『ワンピースグランドコレクション』など、月商十数億円レベルの主力タイトルに導入している。ゲームを提供するバンダイナムコホールディングスの石川祝男社長は絶好調だった4~6月期決算を、「コンプガチャ廃止の影響をパッケージガチャの導入でカバーした」と語り、新手法のガチャが効果的であることを示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。