飛躍するベンチャーの見分け方

自分の力で会社を変えることを楽しもう

未経験者こそベンチャーで活躍する余地がある

日本を代表するような大企業の社員と話していて、もったいないなと思うことがある。ものすごく優秀で10年のキャリアを積んでいるのに、自分の会社を変えようという意識がない。

社員が何千人、何万人といて40代、50代の人も多く、百年もの歴史があり、改善に改善を重ねてきている会社だと、仕組みが固まっていて、変えようという意識が持ちにくくなる。

1人の力では何もできない、業界にも新しい動きがない、ともどかしさを感じているのなら、さっさと新しい業界に出てきて、自分の力で会社を変える楽しみを味わったほうがいい。

「インターネットの経験がないので」「ITのことはわかりません」と躊躇する人がいるが、ネット業界は今、膨らんでいるところなので、外から入ってくる人は、ほぼ100パーセントが未経験者だ。新しい人がどんどん流入して、自分たちで歴史を作っていく業界なのである。

もちろん、基礎的な能力として、地頭のよさ、ロジカルに物事を考えられるか、数字に強いかといったことは必要だが、日本の一流企業に入った人ならそういうものは持っている。基礎力が高ければ、一から始めてすぐにキャッチアップできるから、経験やノウハウがなくても何の問題もない。

大企業からベンチャーに来た人は、「こんな提案してもいいんですか?」「社長と会食するとき発言して大丈夫ですか?」といった質問をする。ベンチャーではそういう遠慮は捨て去ったほうが成功の可能性が高くなる。

自分の頭で考えたことを口にして実行することが奨励される環境なのだから、思う存分やればいいのだ。

次ページ飛躍する企業の見分け方
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT