スマホでも証明したモバゲーの実力

DeNAの業績拡大続く

9月のゲームショウにおける守安社長

携帯電話向けの交流・ゲームサイトをめぐる環境が激変したのが、今年5月。課金収入を拡大する手法だったコンプガチャに関する違法性が指摘された。

コンプガチャはガチャという1回300円の「電子くじ」によって特定の数種類のアイテムを全部そろえると、ゲームで使用できる別のアイテムを新たに入手できる仕組みだ。射幸性が高く、消費者庁は「景品表示法上禁止される行為、つまりカード合わせの方法を用いた懸賞による景品類の提供に該当する」(松原仁消費者担当相、当時)と判断。7月1日から規制が始まった。

これを受けてソーシャルゲーム企業の業績は、どんな影響を受けるのか。世間の関心が集まる中、携帯電話向けの「モバゲー」を主力とするソーシャルゲーム大手、ディー・エヌ・エー(DeNA)が11月6日、2013年3月期9月中間決算(12年4~9月期)を発表した。

コイン消費が拡大

売上収益は978億円(前年同期比41%増)、営業利益387億円(同30%増)。ふたを開けてみれば業績は大幅な拡大基調を維持した。牽引役となったのが、国内「モバゲー」における、スマートフォンを経由したコイン消費の拡大だ。コイン消費とは、ゲーム内で使う仮想通貨を購入したユーザーの支払った金額の一定額が、DeNAの収益として計上される仕組みである。

「9月に初めてスマホでのコイン消費が、従来型携帯電話(いわゆるガラケー)経由の額を上回った。モバゲーのプラットフォームは、スマホでもブラウザでの利用が大半を占める、今後も同じ傾向は続く」。6日に開かれた決算説明会で守安功社長はこう強調した。アプリを使うのが特徴のスマホが普及すれば、従来型携帯電話で利用されてきたブラウザを介さずに、DeNAの収益は、アプリを提供するゲーム会社に”中抜き”される――。業界内外で予想された事態にはなっていないというのが、守安社長の説明だ。

次ページ海外事業にも手応え
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。