ユニクロ、好調事業の秘蔵っ子

GU戦略店の抜擢店長、「売ると決めたら売る」強さ

思い切って権限を与えることで、自立的に動くスタッフが店内に何人も生まれるのだという。これは32人のスタッフをまとめていた、下妻店長時代に培ったやり方だという。

まだ27歳の店長には、年上の部下も多い。年上の人に対しても、媚びたり特別な態度は示さないとしながらも、「店長だけれど、わからないことは教えてもらいます」と屈託なく話す。

頻繁な地方転勤も、息抜きに変える

FRグループの店長は長くても2年、早ければ半年で転勤になるなど異動が日常茶飯事。あまりの頻度に、社員には転勤を嫌がる人も少なくはない。

画像を拡大
消せるペン「フリクション」で丁寧に書かれた手帳。几帳面さがよく表れている

「でも、坂本店長は大変な仕事でも率先して手を挙げる。しかも、どこにでも行きたがるんです」と柚木社長。

本人は「転勤も結構、楽しめますよ」とあっけらかんとしている。

これまで大阪から札幌、仙台、茨城、そして銀座と、全国各地で勤務してきた。「札幌にいるときには新鮮でおいしいものを食べたり、茨城では温泉に行ったり。今回の銀座は……、やっぱりショッピングですかね」。

常に持ち歩いているのは、「フリクション」という文字が消せるペン。手帳やメモはすべてフリクションで記入。訂正があればきれいに消して、書き直すという。手帳やメモ帳が乱雑に書かれ、誤って情報を認識しないようにするための一つの対策だ。

「坂本店長の店は、きれいなんですよ」(先輩社員)と周囲で評判なのは、こういった几帳面な性格が生かされているのかもしれない。

ジーユーはまだ発足して数年足らず。ロールモデルとなる先輩、人物はいるのだろうか。

「将来を考えると、あこがれの人は会社にいたほうがいいのでしょうが、実はまだいないんです。むしろ、何年後かに『坂本さんみたいになりたい』と思ってもらえる、あこがれられる存在になりたい」。

初店長になってから3年半、坂本店長のもとで育った社員も続々増えている。坂本チルドレンが将来、FRグループを牽引する日も近いかもしれない。

(撮影:尾形 文繁)

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT