ユニクロ、好調事業の秘蔵っ子

GU戦略店の抜擢店長、「売ると決めたら売る」強さ

「売ると決めたら売る」強さ

「やると決めたらやる。売ると決めたら売る」。坂本氏は自らの性格をそう表現する。

ジーユーを成長に導く、あの柚木社長をもうならせる売上高への強い執着

「たとえば売りたい、これが(売れ筋として)来ると思う商品があれば、専門のスーパーバイザー(SV)が反対しても、『いまのトレンドはこれなんです。だからここに置かないと』と言ってしまうこともありますね」。

スーパーバイザーは何店もの店舗を成長させた店長経験者が就くことが通例。そのやり手のSVさえも、説得してしまう押しの強さが、彼女の持ち味だ。

もちろん、ただ強引に押し切るのではない。自分の主張で相手を納得させるために、入念なリサーチは欠かさない。

休みの日は、競合店や参考となる店舗を何軒も回るほか、ファッション誌は毎月最低でも5冊は目を通す。プランタン銀座店においても、「どこのジーユーよりもおしゃれな店にする」と闘争心全開だ。

もちろん個人のファッション感度や販売力だけでは、重要拠点を率いる店長は務まらない。

プランタン銀座店は、売り場面積も標準的な店舗に比べて90坪と半分だが、正社員は通常の1~2人に対して3人を配置。アルバイトスタッフも40人程度(標準店は30人強)を抱える大所帯だ。

社員配置は通常店より多い3人。当然、売り上げ目標も高い

そもそも既存店舗と新店では、越えるべきハードルの高さが違う。

新店の店長は、辞令の発動からほんの2ヶ月の間に、商品の発注から予算管理、スタッフのシフト調整といった通常の店長業務に加え、全スタッフを採用し、1から指導・教育していかなければならない。並々ならぬエネルギーが必要とされ、普通の精神力では乗り越えられない。

坂本氏はどのようにして今の強さを手に入れたのか。その背景には、入社から約1年後、新米店長時代の経験がある。

坂本氏は大学卒業後、FR傘下で靴専門店「フットパーク」を運営するワンゾーンに入社した。

「靴は、日本では一番気を使われていないファッションアイテム。洋服は何着と持っていても、靴を何足も持っている人はそうは多くない。それが手に届きやすい価格で服と同じように提案できたら。そんな可能性がおもしろいと思ったんです」。

次ページ初めての店長就任直後に訪れた試練
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT