ジーンズの名門ブランド、リーバイスのいま

ジーンズの名門ブランド、リーバイスのいま

9月末。新宿東口に誕生したユニクロとビックカメラの融合店「ビックロ」。国内衣料業界でトップを走るユニクロのド派手なコンセプト店に注目が集まる中、ほぼ同じ場所、タイミングで名門ブランドの専門店がひっそりとオープンした。「501」などのジーンズで知られる米リーバイス系の「リーバイス ストア 新宿店」(=下写真=)である(青山商事がFCで運営)。

 リーバイスが日本向けに展開する商品は、日本人の体型に合わせた仕様になっているが、リーバイス ストア 新宿店には米国をはじめ、海外で売っている商品もそのまま取り揃えている。リーバイスとして日本で初の取り組みで、取り扱い品目も国内最多だ。

一方、かつて一世を風靡したリーバイスも業績は苦戦している。日本法人であるリーバイ・ストラウス ジャパンは直近決算まで3期連続赤字。ピーク時に400億円あった売上高は、直近100億円を割り込んでいる。新しいコンセプトである新宿店の展開で復活ののろしを上げられるか--。齋藤貴社長(=タイトル横写真=)に聞いた。

--新宿東口にこれまでの路面店とは異なるコンセプトの店舗を初めてつくりました。

ここ10年、デニム業界は厳しい環境が続いています。低価格を武器にするファストファッションの進出に加え、消費者のデニム離れも進みました。

こうした事業環境で、リーバイスは私が社長に就任した2年前からプレミアム路線へ舵を切りました。主力商品は値下げせず、高付加価値品を訴求する。世界最大級の商圏に設けた新宿店は、そのプレミアム路線をお客さまに体感していただく拠点と位置づけています。われわれの戦略の起爆剤になってくれればいいなと期待しています。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。