ジーンズの名門ブランド、リーバイスのいま

 

--海外商品は日本人の体型に合うのでしょうか。

われわれもそういうことを考えますが、やっぱりかっこいいわけですよ。下手に日本化しないというのが。リーバイスらしさをドーンと出してくれ、というお客さんが非常に多いわけです。われわれはグローバルコレクションだから合わないというのは一切気にしていない。むしろそちらの方を望んでいるお客さんがリーバイスのファンになってくれるという気がしますね。

 

 

--会社として大ロットのグローバルラインで生産することで、仕入れのコストを大幅に削減できるということもお考えでしょうか。

はい。それもありますけどコストと品質のバランスですね。グローバルコレクションというのは我々にとってメニューですから。米国料理もあれば欧州料理も中華料理も日本料理もあると思うので。

ここでやっているのはその中の最適な組み合わせ。一番いい選択をしてここに納めていくのがわれわれのポリシーです。もちろんコストや、商業的な成功も狙っています。やっぱりお客さんに価値が伝わらないとダメですね。

--いまのデニムの定価は?

デニムに関しては1万2000円ぐらい。ジーンズチェーンは全国統一でやっていますから、関係も良好です。やっぱり定価で売れる商品ってリーバイスぐらいしかない。デニム以外のボトムスは8000円ぐらいが中心です。デニムの売り上げは全く落ちていないです。これがわれわれの収益源です。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。