瀧本哲史「女性リーダーが成功する秘訣」

新世代リーダーの条件

今の日本社会に必要なのは、天才を見いだして、彼らにリスクを取らせることだ。みんなを天才にするなんてむちゃなことをしてはいけない。

そうなると、自分よりすごい人に早く会うことも大事だと思う。天才は足りないところもすごく多いので、逆に自分が貢献できる部分も出てくる。

すごい文芸作家というのは、だいたい人間的に欠陥のある人だ。自分に才能がないと思ったら、その天才と張り合うのではなく、編集者になってその天才を助ければよい。すべての人は作家になれないのだから、せめて編集者になればいいという考えを持つべきだ。

フェイスブックの場合、いちばん大儲けしたのは創業者のザッカーバーグだが、社員たちも大金持ちになった。だから、皆がザッカーバーグになろうと思わずに、そういう天才に貢献してみるのもありだと思う。30~40代になれば、自分が持っているカードも決まってくる。他人と比較するのではなく、自分のカードでどううまくプレーするかを考えればいい。

20代で先行研究は終わり

ハウツー本を読んだりするのは、若い頃にはまだ意味があるかもしれないが、社会人になって正解のない世界に入ったら、あまり意味がなくなる。

瀧本哲史(たきもと・てつふみ)
京都大学客員准教授・エンジェル投資家

東京大学法学部卒業。同大大学院法学政治学研究科助手を経て、マッキンゼー&カンパニー勤務。独立後は投資業とともに、京都大学で教育、研究、産官学連携活動を行う。著書に『僕は君たちに武器を配りたい』『武器としての交渉思考』『武器としての決断思考』がある。

だからコンサルティング会社も、新しいプロジェクトをやるときは、いろいろな社会の過去の事例を分析するが、そこから先が本当の仕事になる。研究も同じだ。先行研究を読んで理解し、そこから先が本当の研究になる。つまり、遅くとも20代では先行研究を読むのを終えて、早めに正解のない世界に入っていかないといけない。

答えのわかっているリスクのないことには、必ずみんなが殺到してくる。だから、答えがわかっていない、成功するかどうかもわからないことでないと、付加価値は生じない。私の周りを見ても、飛び抜けて成功した人は、どこかで大きく道を変えた人だ。

友人の一人に、旧郵政省に入った後、スタンフォード大学に留学し、卒業後に入社した半導体会社で失敗して駄目だと思ったら、次に入ったグーグルで成功し、その後、起業したら1つ目は失敗したけれど、今2つ目の会社がうまくいき始めているという人がいる。

こういうリスクを取る人を増やすためには、社会や教育のシステムを変える必要がある。世の中に正解はなく、人と違うことをするのに価値があることに気づかせるのが重要だ。

本来、大学の教養教育が目指したのはこういう教育だと思う。ところが今は、先生が言ったことを再現して、点数を取ることが大切だと思わせるような教養教育になっている。それではあまり意味がない。

次ページ実践を積むならNPO
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。