体内からの紫外線対策はこれでバッチリだ

水素水とビタミンACEを意識して取るといい

そんな西﨑教授おススメの体内からの紫外線防備法は次のとおり。

① 水分補給では水素水も活用する

② 喫煙やお酒の飲み過ぎ、激しい運動は、体内の活性酸素を増やすために避ける

③ ビタミンACEを意識して、緑や赤など濃い色の野菜、新鮮な果物などを食事で食べるようにする。ただし、果物には果糖が多く含まれるため、量を決めて食べすぎないようにする

④ がん予防効果が期待できるキャベツは、千切りのサラダにして、食前に手の平一杯程度は食べるようにする

⑤ サケやエビ、ブドウなどに含まれるポリフェノール類も意識してとるように心掛ける

男性も紫外線カットの化粧品を

「人間の肌で老いやすいのは、顔と手の甲です。逆に老いにくいのは、お尻です。ご自身のお尻と顔や手の甲の皮膚を比べてみてください。顔や手の甲が老いやすいのは、紫外線に当たっている時間がお尻よりもずっと長いからなのです。しかし、手袋やサングラス、帽子などは、仕事中にはしにくいですね。女性の場合は、紫外線カットの成分を含むお化粧で防御できます。一方、男性も無防備ではなく、目立たず化粧品で防御すべきだと思います」

近年、男性用化粧品もいろいろと出回っている。肌のテカリを抑えて目立たないタイプのものもあるので、好みに合わせて選ぶとよいそうだ。

「意識して紫外線から身を守ることが、若さを保ち、病気予防につながると考えていただきたいと思います」と西﨑教授は話す。

屋内にも紫外線は侵入するだけに、油断せずに防備することが重要だ。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング