大阪は長年の「地盤沈下」から抜け出せるのか

どないやねん?ポスト橋下の大阪・関西

再開発が進んだ大阪駅周辺。地盤沈下から復活する日はいつ?(撮影:ヒラオカスタジオ)

今年3月に発表された公示地価は8年ぶりに上昇に転じた。都市圏の商業地、中でも大阪が堅調だ。商業地の地価上昇率10地点のうち、実に6地点が大阪市内となった。

日本全体の景気に足踏み感が強くなってきているが、関西経済は相対的には堅調が伝えられる。近畿財務局の4月27日発表・経済情勢報告でも、個人消費動向について「緩やかに回復しつつある」と、1月から上方修正に踏み切った。地盤沈下が叫ばれはじめて久しい関西、特に大阪経済。はたして、今度こそ本格的な復調につながっていくのだろうか。その答えを探っていきたい。

万博があった1970年から下降の一途

大阪で仕事をしていると、「地盤沈下」という言葉をしばしば耳にする。普段生活している限りにおいては、梅田や道頓堀は非常ににぎわっているように見えるので、その実感はわきにくい。本当に地盤沈下しているのか? しているとしたら、いつからなのか?

右図は大阪府および近畿圏(2府4県)の人口および、県民総生産(GRP)の全国シェアの推移を示したもの。まさにあの万博の年、1970年が経済力のピーク。あの年以来、関西・大阪のGRPシェアは、見事に一貫して下がり続けている。人口シェアのピークは5年後に来ているが、その水準は現在でもあまり変わっていない。「人が集まりにぎわう」という意味では、あまり変わっていないのだが、「経済が活性化して、成長を遂げる」という経済力シェアをみると、ピーク時の4分の3に縮小している。

次ページワーストランキングの常連
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT