大阪は長年の「地盤沈下」から抜け出せるのか

どないやねん?ポスト橋下の大阪・関西

その過程で、大阪が抱える課題は徐々に大きくなっていった。下は2014年9月に大阪府がとりまとめたレポート「大阪の改革を評価する(報告書)2014年9月」からの抜粋である。さまざまな項目で、大阪府・大阪市が全国ワーストレベルになっていることが分かる。

大阪府は、この現状を以下のように総括している。

●都市の命運は経済(フロー)に左右されやすいが、大阪は特にその性格が強い・・・この20年の日本経済の低迷の影響を直撃された。
●今や大阪は、低所得者の割合が他都市に比べてかなり高く、犯罪、雇用、離婚、自殺などの社会指標も軒並み全国ワーストレベルにある。加えてこれらが複合して、他の指標を一層悪化させるという悪循環に陥っている(いわゆる「大阪問題」)。
●社会問題の深化と拡大と同時に、都市の経済力や財政力も低下・・・府庁・市役所も次第に余裕を失い、状況対応に追われ、抜本策が打ち出せないままに、都市問題が一層深刻化。

 

次ページ橋下氏登場
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT