大阪ダブル選、真の勝者は橋下徹氏ではない

安倍政権に抗する野党再編は完全ブレーキ

「維新の党」の代表選は松野頼久代表と小野次郎総務会長で争われる

おおさか維新の会が大阪府知事選と大阪市長選で大勝したのは11月22日。その2日後、維新の党の代表選が告示された。立候補したのは松野頼久代表と小野次郎総務会長。代表戦の結果にかかわらずハッキリしているのは、維新の党を巡る混乱は収まりそうにない、ということだ。

代表選の投票権を持つのは国会議員26名、地方議員106名、再任支部長12名、一般党員3万6427名の計3万6571名で、1票の価値に差異をつけず等しくしている。投票は12月5日まで郵送で行われ、翌6日に開票される。同日に開かれる臨時党大会で、新代表が選出される。

小野氏の背後には江田憲司前代表

松野氏、小野氏ともに推薦者は15名。国会議員が3名、地方議員12名という構成も、たまたま同じだ。ところが面子を見ると、それぞれの背景がよくわかる。松野氏の推薦者に名前を載せた国会議員は真山勇一参院議員、牧義夫衆院議員、そして太田和美衆院議員で、牧氏と太田氏は元“小沢チルドレン”。これを結いの党出身の真山氏が「薄めている」構図だ。

一方で、小野氏の国会議員の推薦者は、井出庸生衆院議員、横山博幸衆院議員と木内孝胤衆院議員。井出氏と横山氏は旧みんなの党系で、木内氏も“小沢チルドレン”のひとりだった。

すなわち松野氏には小沢氏の影が見え、小野氏の背後には江田憲司前代表が控えていることがよくわかる。

野党再編に対する両者の姿勢は対照的だ。

次ページ2人の姿勢はどう違うのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。