デキない男の「出来ると思います」にご用心

無意識に自分にゲタを履かせているからです

自分にゲタを履かせるのではなく、目的や目標といった未来に自分の目線をアゲる。出来る自分のイメージを高める。デキないオトコのゲタとは全然違う、女性がハイヒールを履いた時のように目線とイメージをアゲる思考法が、デキる人共通のスタイル。レッテル貼り状態に陥るデキないオトコとは違い、経験や経歴に縛られないところが大きな違いです。

セルフイメージはこうしてアゲる

「ハイヒール思考」の持ち主であるデキる人たちに話を伺うと、興味深い共通点がありました。それはセルフイメージをアゲる習慣を持っていること。大きく分けると3種類の習慣に分類されます。それは「背伸び」「姿見」「戦闘服」の習慣です。

・習慣その1:背伸び

良いものを使う。良いものを見る。良い部屋に住む。素敵な人と交流する……など、なにか1つ今の自分よりちょっと背伸びして、良いものに触れることでセルフイメージをアゲる習慣です。

・習慣その2:姿見

大きな姿見に写る自分を見ながら、運動したり妄想したりしてセルフイメージをアゲる。特にデキる女性でやっている人が多い習慣です。

・習慣その3:戦闘服

下着、スーツ、小物などなど。重要な会議やプレゼンの時には、テンションをアゲてくれる一着「戦闘服」を身につけて臨む習慣です。

3つともまさに「ハイヒール」をイメージさせる習慣です。デキないオトコは「ゲタ思考」で自己評価をかさ上げし、デキる人は「ハイヒール思考」でセルフイメージをアゲる。まったく対極の思考が、デキないオトコとデキる人を分けていました。

あのポップスの女王のこの言葉は、「ハイヒール思考」の究極の一言なのかもしれません。

ハイヒールを一足ちょうだい。それさえあれば、世界を征服できる。~マドンナ   

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT