デキない男の「出来ると思います」にご用心

無意識に自分にゲタを履かせているからです

やったこと(かかわったこと)があるというだけで、やり方がわかっていないことに気づかないまま「出来る」と思い込んでしまう。「やったことがある=自分は出来る」と無意識に自分の実力に「ゲタを履かせる」のが、「ゲタ思考」の構造。心理学で「ラベリング」と呼ばれる、自分にレッテルを貼ってしまう現象です。

自分の目線を高いところに置ける人

デキる人は「出来ると思います!」とは答える人は少なく、「出来る気がします♪」と答える人が多いようです。デキる人たちのお話を聞くと、デキないオトコと考え方が大きく違うことがわかりました。名付けて

「ハイヒール思考」。

自分の経歴に「ゲタを履かせる」のではなく、視線を上げて「自分のイメージをアゲる」思考法です。次の3つのステップを踏みます。

① アウトプットで測る

「そのタスクって何をするんですか?」「どうなったら良いんですか?」。タスクの成果物(アウトプット)を聞くのがデキる人の特徴。目的や目標といったタスクの目指す未来に、デキる人は目線が行くようです。

② やり方をイメージする

「それってどんな感じでやるんですかね……」。アウトプットを確認したら、デキる人はどうやってそのアウトプットを出すか、やり方や進め方をざっくりイメージしていました。

③ 出来るイメージが持てるか

やり方をイメージしたら、実際にそれをやっている自分がイメージできるか、タスクを出来る自分のイメージが持てるかを自分に確認します。イメージが持てれば「(タスクをやっている自分がイメージできるので)出来る気がします♪」と答えるというわけです。

次ページ取り入れたい3つの習慣
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT