西友の“不正”で露呈、医薬品販売の危うさ

組織ぐるみは否定

処方箋なしでも薬局・薬店の店頭で購入できる一般用医薬品。その販売の安全性が、西友における“不正”発覚によって揺らいでいる。

大手スーパーの西友は11月6日、都内で会見を開き、一般用医薬品の販売資格である「登録販売者」の試験受験に必要な「実務経験証明書」を、受験資格を満たさない従業員にも発行していたと発表した。不正な実務経験証明書の発行は2008年の登録販売者制度開始時から行われており、これまでに約200人が合格、100人以上が実際に店頭での一般用医薬品販売に従事していた。

取扱店の半分で“不正”資格取得者が勤務

事態が発覚したのは8月。一般消費者の指摘を受けた東京都が、福祉保険局を通じ西友に問い合わせたことで社内調査が始まった。その結果、これまで発行した全352人分の証明書のうち、約7割に当たる282人分について、受験資格として必要な「薬売場の業務を毎月80時間、1年以上継続して実施している」ことを確認できなかったという。

西友の店舗で現在、一般用医薬品を取り扱っているのは135店。そのうち不正に資格を取得した登録販売者が働いていた店舗は70店に上る。

次ページ組織ぐるみではない?
人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。