「女性最年少上場」で話題のトレンダーズ

経沢香保子社長に聞く

 ターゲットとしているのは20代から40代までの消費購買に影響力を与える女性層。だが、今後はターゲットを拡大していく傾向にあるようだ。

「私が設立した当初は団塊ジュニアがF1層。人口に対してのボリュームゾーンでした。現在は、20~40代の女性全般に広がって、今後はすべての女性がターゲットになってきます」

現在では女性のみならず、女性が影響を与える、男性向け商品のマーケティングも取り扱っているが、同社は「女性マーケティング」を一つの強みと考えている。

「私も起業したときもそうですが、企業は効率的にマーケティングをしたいと考えています。女性は自身の収入も増え消費の機会も増えています。同時に、結婚すれば財布の紐を握るなど、一般的には購買決定権の8割を女性が持つといわれています。ですので、女性が消費に影響を与える。女性マーケティングというのは効率的であり、非常に有効な手段であると思います」

「トレンドリーダーのネットワークには13年の歴史がある。web2.0の時代が来て、皆がブログを書くようになり、弊社のサービスも幅が広がりました。女性を中心とした調査・マーケティングだったのが、拡散力を持つようになり、マーケティングの仕事だけでなく、プロモーションの仕事にも領域が広がった。その時代の流れが業績拡大のきっかけとして大きかったと思います」

 


キニナルモンのモンちゃんと

 

 

次ページ女性起業塾が人気に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT