エニグモ「バイマ」、人気の理由

ソーシャルショッピングサイトが急成長

ソーシャルショッピングサイト「バイマ」急成長のエニグモは、公開価格決まり上場が秒読み

7月24日に東証マザーズに上場するエニグモの公開価格が7月12日、1750円と決まった。時価総額は単純計算で30億円余り。ソーシャルショッピングサイト「BUYMA(バイマ)」が急成長しているエニグモが、いよいよ株式市場に登場する。

エニグモの足元の業績は急拡大している。2011年に広告事業を撤退し、経営資源を集中させた創業事業のバイマが急成長しているためだ。1年以内に売買の実績のあるアクティブ会員数は昨年1月時点で12.5万人だったが、4月末には19.7万人に達した。10年1月期に1.3億円の赤字だった営業損益は、11年1月期に0.8億円の黒字に浮上。前12年1月期には2億円の営業利益を稼ぐまで伸びている。

「積み上がっていくモデルなので、黒字になるまではホント大変だったんですが、黒字になってからは別世界。固定費はそんなに増えないので、加速度がついてきた」と、エニグモの須田将啓・代表取締役・共同CEOは語る。

社名のエニグモは、「エニグマ」という謎を意味する言葉をもじったもの。一般名詞であるエニグマだと、検索してもアーティスト名などが上位に来てしまうおそれがあったから。ともに博報堂出身である須田将啓と田中禎人の2人が共同CEOを務めるユニークな会社で、04年に設立。バイマのアイデア自体が10年前のクリスマス、博報堂の社内で持ち上がったものだという。

「BUYMA(バイマ)」は、個人バイヤーが世界中の服飾、生活雑貨を売買するための場。バイイング・マーケットの意味をもつ。会員数が増え、売買が活発になれば、売買手数料としてエニグモの売り上げが増えるというビジネスモデルだ。バイヤーにとっての利点は「誰でもリスクなく、簡単に商売が始められる」(須田氏)点。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。