オバマ・アメリカ・世界 久保文明、中山俊宏、渡辺将人著 ~米国社会の深層把握を助ける骨太の総括

オバマ・アメリカ・世界 久保文明、中山俊宏、渡辺将人著 ~米国社会の深層把握を助ける骨太の総括

評者 河野龍太郎 BNPパリバ証券経済調査本部長

 イラク戦争で分断された米国社会。その再統一を期待された黒人大統領が4年前に誕生した際、多くの人はイデオロギー的な地殻変動が起きたと考えた。実際、最初の2年間には、健康保険改革など歴史的快挙をなし遂げた。しかし、2年後の中間選挙で民主党は大敗する。

本書は、大統領選挙を前に、オバマ政権の4年間を総括したものである。米国の相対的な重要性が低下したためか、世界各地で政治的、経済的混乱が頻発するせいか、日本では米国政治に関する骨太の報道が以前に比べ減っており、本書は米国社会の深層を把握する助けになる。各人の基調報告の後、討議が行われ、大変読みやすい。

大恐慌がニューディール政策をもたらしたように、世界的な金融危機が保守からリベラルに政治的重心を大きくシフトさせたと評者も当時考えていた。しかし、イデオロギーの変化は、有権者レベルでも、政治家レベルでもトレンドとしては起こってはいなかった。共和党保守派が最後までブッシュ前大統領を高率で支持したのと同様、民主党リベラル派は現在でも高率でオバマ大統領を支持している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。