震災で職を失いAV女優になった66歳の現実

日本の底辺でいま何が起きているのか

「離婚したのは東京に逃げたときだから、15年前ですよ。もう、ずいぶん前ですね。酷過ぎる旦那だったけど、親の責任として下の子が20歳になるまで我慢しようと決めたんです。結婚生活は嫌なことしかなくて、旦那は外見もすごいデブで、なにもかも最低の人間だった。ギャンブルやめられなくて、人の財布からお金を盗っていく人だったから。お金盗られるし、暴力ふるわれるし。だから下の子が20歳になった15年前、息子の誕生日の次の日、仙台の家から黙って東京に出て来た」

高校を卒業して、19歳からホステス。元旦那は土建系の会社経営者で客だった。しつこく口説かれて、結婚している。結婚するまでは気前のいい優しい男だったが、一緒に暮らすようになってすぐに暴力をふるうようになった。

ギャンブルに狂った経営者のDV夫

「DVは凄まじくて毎日ですね。一度だけ子供の前でDVしたけど、そのとき子供に『お父さんの鬼』って言われて、それから子供がいるときは暴力ふるわなくなった。元々、そういう人間なんでしょうね。

もう40年くらい前だけど、元旦那は結婚したとき土建系の有限会社をやっていた。経営者ですね。代表取締役で、使っている従業員の人たちがいて、新婚の頃は自分も現場仕事に出ていたけど、そのうちギャンブルとか賭場に出入りしだした。仕事に行かないどころか、家にも帰って来なくなった。従業員の人たちも、社長の賭博狂いに嫌気が差してみんな辞めちゃって。経営がおかしくなって、不渡り2度だして倒産させているんです。それから借金取りとか、自宅に毎日、毎日来る。借金取りが家に来ても、本人はいつも家にはいないから、私が脅されるわけ。借金取りの人に『見ていてあまりにもかわいそうだから、離婚した方がいい』って言われて。そうすれば楽になるって。子供はまだ小学生だし、離婚は無理だと思って、私が昼夜働いて借金返済した」

借金取りに対して、なんの規制もない時代である。昼夜問わずに自宅にやってきて、恫喝と脅迫。ダンプやユンボ、自宅を売却しても全然返済額には達することはなく、数千万円の借金が残った。

「玄関に“金返せ、ドロボー”とか貼り紙を貼られたり。すごかった。借金は、銀行は当然、いろんなところ。サラ金とか闇金にも手をだして。本人はお金を借りても返済するんじゃなくて、賭場に持っていく。本人は借金を返さない。私が働いてちょこちょこ返した。結局、何千万円ってあったから、働いて返せる金額じゃなかったけど」

次ページ借金を背負わされ選んだ仕事は
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT