最貧困層の女性は、なぜ性風俗で働くのか

福祉の網から漏れ落ちた人々の現実

風俗の世界へ足を踏み入れた女性たちを取り巻く、いびつな現場とは(写真:enterFrame / PIXTA)

女性の貧困がメディアを賑わして久しい。働く単身女性の3人にひとりが年収112万円以下との統計もある。こうした貧困女性の中でも福祉の網から漏れ落ちた人々のセーフティーネットとして機能してきたのが性産業だ。

「地雷専門店」で働く女性たち

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

性産業の現場で何が起きているのかに迫ったルポは少なくない。本書『性風俗のいびつな現場』でも母乳を欲しがる男性向けの風俗店や30分3900円で違法行為ありの激安風俗店、熟女専門店、他の風俗店では採用されない女性ばかりを集めた「地雷専門店」で働く女性や経営者が登場する。

印象的なのは、地雷専門店の経営者のインタビューだ。同店では年齢や容姿は不問で幅広い女性に門戸を開く。生活の手段が限られた女性に稼いでもらいたいために、原則、応募者全員採用だ。スリーサーズが全て1メートル超えでも入店OK。福祉のみならず風俗の世界からも押し出された女性たちの受け皿として機能している。

とはいえ、性サービスでなく、容姿や年齢をネタとして消費する、女性としての尊厳を売るようなスタイルに違和感を抱く人も少なくないだろう。高邁な理念を掲げようが、結局は性の搾取に過ぎないとの指摘は免れない。支援か搾取か。古くて新しい問題が横たわる。

次ページ1000円のオプション、手取りはわずか200円
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT