震災で職を失いAV女優になった66歳の現実 日本の底辺でいま何が起きているのか

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

「10円玉があったから公衆電話から電話したんです。女の人が出て、私『62歳です。62歳です』って言って、すぐに面接に行った。お金がなかったからプロダクションのある新宿まで歩いて、女性のマネジャーさんに事情を話したら1万円を貸してくれました。あのときは本当に助かりました。それで採用してくれて、AV女優になった。裸になるのが恥ずかしいとか、そういうのはなにもなかったです。捨てるものとか、なにもないですし、元旦那とは絶縁状態だし。とにかく貯金がなくなって、焦って、お金が欲しかった。70歳までOKと書いてあって、仕事があったって。もしかしたらできるかも、お金になるかもと思って。あのときは、ただただよかった」

62歳でAV女優デビューしたものの……

2011年6月、超熟AV女優になった。夕湖さんはカメラの前でセックスをして数本のマニアックな超熟AVに出演する。

「最初の数カ月間だけ、たまに仕事があった。男優さんと絡む仕事ですよ。AVに出演して5万円とかもらったことあるけど、ほとんどは3万円くらいです。最初だけ月収15万円くらいもらえて、普通に暮らせました。それでしばらくして、だんだんと撮影の仕事がなくなって、家賃も払えなくなって、もう一度ベッドメイクの仕事を探したけど、また断られてばかりで食べ物にも困るような状態になった」

超熟AV女優は、数えるほどのメーカーしかリリースがない。覚悟を決めて裸になっても、すぐに消費される。ギャラも安く、出演料は1本3万円程度。ほとんどの超熟AV女優は多くても10本も出演すれば終わり、必然的に使い捨てとなる。

2012年、AV出演の依頼は完全になくなった。ベッドメイクの仕事をしたくても、どこのホテルに電話しても年齢を言っただけで断られる。もやしを食べるばかりの最低限の暮らしも維持できなくなり、再び100円もなくなった。

そもそも夕湖さんは、どうして家族を置いて仙台から逃げ、飢えをともなうレベルの貧窮に喘ぎながら、東京で一人暮らしをしなければならなかったのか。

「離婚した旦那が最悪の人間だった。DVとかギャンブルとか。私は仙台では旦那の借金の返済に追われて、地獄だった」

ずっと無表情でしゃべっていたが、元旦那の話になると顔をしかめてウンザリしたような顔になった。夕湖さんは22歳のとき、土建業経営者だった元旦那と結婚している。

次ページ離婚したのは東京に逃げたとき
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT