ダンロップの次世代タイヤが14年に登場へ

 

住友ゴムは1996年に開発した製造技術「太陽工法」を国内外で採用し、累計生産本数は3600万本を超えている。ただ、低燃費や省エネといった環境面や、高速走行での安定性といった安全面で、より高い性能が求められると認識。今回の新工法はそうした課題への対応を図ったものといえる。

9月26日に発表した長期計画でも、環境性能を向上させたタイヤの開発を目指すと強調している。黒田豊・常務執行役員は「2020年までには全体の40%の生産で『太陽』工法と今回の新工法を採用したい」と話す。ただ、「メタルコア」を使った生産コストは従来比で10%高い。14年の新製品発売に向けてのコスト削減がカギとなりそうだ。

(タイトル横写真=「メタルコア」と呼ばれる金型にテープ状のゴム部材を継ぎ目なく巻き付けて成型)

(中川 雅博 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT