それもこれも手に入れる人の超「課題設定力」

そのスキルが会社にも家庭にも幸せを呼ぶ

Perspective(空間)

問題を捉える範囲をどこまでにするかという視点です。例えば、航空会社で国際線の客数減少という問題について考える場合。普通に考えれば他社の国際線が競合として上がってきますが、ビジネスに限って言えば、出張が減った要因としてはテレビ会議システムなどの利便性が増してきたことなども考えられます。

空間を広く捉えるほど、課題設定は難しくなってきますが、テクノロジーの発展により、競合は同業他社や類似品だけではなくなってきています。問題を捉える範囲をあまりに小さくしては足元をすくわれることになるかもしれないのです。いったんは視野を広げて対処しなくてはいけないことの可能性まで見すえて、考える癖をつけるとよいでしょう。

Period (時間)

最終的にいつまでに何を実現したいのかによって、解決する問題が変わってきます。あるべき姿を実現するのは1週間後なのか、1カ月後なのか、数年かけてもよいのか。

例えば、利益を増やしたいがために、近視眼的にその年のさまざまなコストを削減すればその年は利益が増えますが、人材への投資などを削減したとすれば中長期的には売り上げ、ひいては利益が落ちることにつながります。近視眼的な問題解決のツケは、必ず後で代償を払うことになります。

すぐに着手できて即効性の高い問題解決を行う際には、中長期でのトレードオフは何かを考える視点が必要なのです。

長い期間かければ解決できることも増えていきますが、変化のスピードが早まるばかりの現代では、悠長に考えている間に、環境や状況が変わってしまうことも大いにあります。時間を考えることは、問題を捉える上で欠かせない視点であることを意識しましょう。

目の前に「問題らしき事象」が現れた際に、すぐに飛びつくのではなく、この4つの視点で問題を捉え直すことは、適切な課題を設定するための第一歩です。

「懸命」だけでなく、「賢明」に考える

書影をクリックすると、販売サイトへジャンプします

目標達成や問題解決に向けて、一生懸命に頑張ることはもちろん大切です。ただし、あるべき姿を明確にしないまま、目の前にある「問題らしきもの」や「上からふられた仕事」にとりあえず取り組むというスタイルでは、時間がいくらあっても足りませんし、成果につながりません。

一生懸命に頑張ることは、かつては評価されるための絶対的な条件のようなものでした。今は闇雲に頑張るだけで、評価されるような時代ではありません。賢明(=Smart)に考えてから、一生懸命(=Hard)に努力をすることで、仕事の成果が飛躍的に上昇し、プライベートの充実を得ることが可能になるでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。