ハーバード生を「日本で接待」して見えたこと

存在感の薄い日本をアピールする方法

一日の予定が終われば夜の付き合いが始まる。「映画『ロスト・イン・トランスレーション』で有名なパークハイアット東京のバーに行きたい」「渋谷駅前のスクランブル交差点を見てみたい。信号が青に変わると一斉に歩行者が動く姿をネットで見て驚いた」「梅酒のおいしい居酒屋に連れてってほしい」「秋葉原のメイド喫茶を体験したい」「カラオケに行きたい」など、彼らの要望も様々だ。

一日の終わりの飲み会では、その日に抱いた日本への疑問を明らかにしようと、次から次へと質問が始まる。「なぜ日本人は英語を使う機会が少ないのか」「高齢化の対策として移民を受け入れないのか」「なぜ日本人は全員がルールを守れるのか」など、答えにくい質問に困ってしまった。

彼らの目から見ると、米国、欧州、南米とも大きく違う日本の独特の姿は、新たな気づきや発見をもたらしてくれるようだ。

やはり際立つのは「サービスの質」

そういった中で実際の日本を体験したハーバード生たちから多くの支持があったのは、日本のサービスの質の高さだ。

例えば、企業訪問で訪れたJR東日本テクノハートTESSEI(東京・中央)。東京駅での停車時間である7分間に、新幹線の全車両の清掃を担当する会社だ。車内のゴミを集め、忘れ物のチェック、床掃除と、すべての清掃作業を7分でこなす。まさに職人技だ。

そんな細かい作業を短時間で仕上げる清掃の様子をホームで見学し、ハーバード生たちは驚いてばかりいた。

ほかにも、食事代の2割にのぼるチップを払わなくても気が利く飲食店、昼食時での無料のご飯のお代わりなど、日本人にとっては当たり前が彼らには新鮮だったようだ。

日本の質の高さの実感には、旅を主催した日本人学生の細やかな配慮も影響している。

計15カ所にも及ぶ訪問先との調整に加え、行き先の近くで大人数用の食事場所を確保。参加者のベジタリアン(菜食主義)やぺスクタリアン(肉は食べないが魚は食べる菜食主義)、ハラル(豚を食べないイスラム教)などの希望に合わせて、食事、駅弁を用意する。公共交通機関で移動しやすいようにパスモを事前に買う、帰国便は羽田か成田かを全員分を把握し、飛行場まで送り届ける。飲み会を盛り上げようと樽酒を注文し、旅の思い出にとケネディスクールのロゴを印刷した酒枡を用意する……

旅行代理店さながらの働きぶりだが、そういった細かな配慮も、日本人学生が企画する旅だからこそできた特長といえるだろう。

次ページ指摘された「弱点」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT