ハーバード生を「日本で接待」して見えたこと

存在感の薄い日本をアピールする方法

ほかにも1990年代の大虐殺から国を復興し、今やルワンダを成長国に導いたポール・カガメ大統領との懇談会がある東アフリカトレック、政府が参加者の旅費を全額負担するというUAE(アラブ首長国連邦)トレックなど、様々な地域や国への旅行が年間を通じて催される。

そんな他国との競争に加え、日本の地位の低下も影響してか、過去には日本トレックは参加者集めに苦労してきた。

ハーバード生が見た、安倍首相と福島第一原発

今年も参加者が集まるのだろうかと心配していたのだが、幸いにもこれまで以上の人数を確保できた。先手を打って開催の告知に努めたためで、予想以上の学生からの支持を得られた。

なぜ彼らは数ある行き先の中で日本を選んだのか。参加者に聞くと、原発と復興、少子高齢化、最先端のロボット技術、といった真面目なものから、本物の寿司と日本酒を楽しみたい、京都の古い街並みを歩いてみたい、迷路のような東京の地下鉄を体験したい、など軽いノリのものまで要望は幅広い。

実は今回の旅には大きな目玉が2つあった。安倍晋三首相との会談と福島第一原発への訪問だ。

国を代表する首脳との会談は、各トレックの売りのひとつだ。ほかのトレックも首脳級との会談を実現し、参加者募集の目玉に使う例が多い。

首相官邸で開かれた約30分にわたる会談では、ドイツの学生が安保法案や女性活用について質問。終了後には首相自ら全学生と握手するなど、首相のおもてなしに感動していた。

また福島第一では発電所の敷地内にまで入場。バスの内部から4号機の前まで訪れ、原発の現実を目の当たりにすることができた。

ほかにも企業見学(トヨタ自動車、JR東日本)、塩崎恭久厚生労働大臣との会食、遠藤利明東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣や社会起業家との懇談会、京都大学のiPS細胞研究所の訪問など、日本人学生らが様々な催しを企画した。

次ページやはり際立つ「サービスの質」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT