「初音ミク」現象が拓く“共感”力の新世界

伊藤博之・石川康晴・猪子寿之 特別鼎談

 猪子 案外、理解できないんです。ガリレオの地動説を世間が受け入れたのは、ガリレオより上の世代が全員死んだときですよ。全員が死んだとき、一瞬にして当たり前のように、地球は回っているということになった。そういうものなんですね。

伊藤 ミクっていう存在はこうしてみんなにいじられて、成功して失敗して、新しい発見をしていく実験の場でもあると思うんですよね。

インターネットが登場して20年かそこら。次の20年、50年には相当なことが起こっているでしょう。そのとき、ネットに上がってくる情報というのは、人に好かれたい、ビックリさせたいというコンテンツ。紛れもなく、共感だったりするわけです。利益とか報酬ではなく、感謝とか共感という価値がさらに大きなウエートを占めているのではないか。そうなってほしいという願望を含めての話ですけれど。

はつね・みく
2007年生まれ。生みの親はクリプトンの伊藤社長。「歌声合成」ソフトとして歌い続け、イラスト・動画として、今この瞬間も変化し続ける。米国でライブショーを開き、グーグルやトヨタ自動車のCMにも起用された。

いとう・ひろゆき
1965年生まれ。北海道大学職員を経て95年に音素材を扱うクリプトン設立。2004年ボーカロイド(歌声合成技術)のソフト『MEIKO』開発。07年『初音ミク』を発売。

いしかわ・やすはる
1970年生まれ。95年にクロスカンパニー設立、「アースミュージック&エコロジー」ブランドなどを展開している。宮崎あおいをCMに起用し話題に。全員正社員制を提唱する。

いのこ・としゆき
1977年生まれ。2000年、東大・東工大の仲間とともに「ITと文化による日本再生」を掲げチームラボ設立。ルーブル宮殿にて作品「花と屍」を展示するなどデジタルアートの先駆者でもある。

(梅沢正邦、中村陽子 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2012年9月29日特大号)

記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。