「初音ミク」現象が拓く“共感”力の新世界

伊藤博之・石川康晴・猪子寿之 特別鼎談

 ヒントになったのは、フリーソフトウエアや「クリエイティブ・コモンズ」の考え方。著作権法によって作品の改変を禁止するのではなく、作者が一部の権利を開放することを宣言して、利用を促進し、第三者との共同作業によって完成度を高めようというムーブメントです。

実際、知識というのは金庫の中に10年間しまい込んでも何も増えない。自由に泳がせ、利用させたら、よほど価値が膨らんで返ってくる。そのことは初音ミクの5年間でイヤというほど見てきましたから。

猪子 まったくのゼロから創作した人なんて人類史上、一人もいない。生まれた瞬間、何の情報もないまま、いきなり創作することなんてないと思うので。文化の連続性、先人の表現の積み上げの上に、今がある。すべての表現はN次創作なんだけれど、(著作権法で)怒られるからウソをついてきた。法律の網の目をくぐる節税対策みたいもの。(初音ミクのおかげで)そんな小ざかしいことが吹っ飛んだ。すべてはN次創作。堂々と、やれるようになったっていうか。

「密」から「疎」へ既存戦略は無意味

伊藤 オープンカルチャーというか、こういう考え方はビジネスの新しいイノベーション、プロモーションの新しい方向でもあると思います。僕は「密結合」と「疎結合」と言うんですが、自然界って「疎」ですよね。花が咲き、蜂が飛んできて蜜を吸い、体に花粉が付いて別の花に運ぶ。両者は特に契約書を交わしているわけではない。

反対に、銀行と銀行の統合のような人為的な「密」な結合は、必ずといっていいほどトラブルが発生するじゃないですか。労使関係や企業の契約関係もそう。不自然で非効率的な「密」のリスクを減らしていくのが合理的だと思う。

インターネットでいろんな人が自由につながる状況下、既存の(「密」な)考え方をいったん白紙に戻し、最も適合的なスタイルは何か、考えていくべきでしょう。

次ページ15~18歳は圧倒的にニコ動
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。