新型ワゴンRで試されるスズキ国内販売の「真価」

新型ワゴンRで試されるスズキ国内販売の「真価」

「何事も、これだけは一番というものを持っていなくちゃ。これからは目の色を変えて、一番を取りにいく」。9月6日、都内で開かれた新型「ワゴンR」発表会。鈴木修会長兼社長は独特の言い回しで、「軽トップ」奪回を宣言した。

ワゴンRは、言わずと知れたスズキの最量販車種だ。1993年の発売以来、累計販売台数は377万。後方に向けてせり上がる独自のスタイリング、広い室内空間で「軽ワゴン」という新ジャンルを切り開いた。

5代目となる新型ワゴンRの最大のウリは、燃費性能。減速時の運動エネルギーを電気に変えて、エアコンなど電装品に必要なすべての電力を賄う「新機構」を搭載。停車前の減速時には時速13キロメートル以下でエンジンが止まるアイドリングストップなども導入し、クラストップの燃費性能28・8キロメートル/リットルを達成した。

「新機構はコストが高いはず。よくこの価格を実現できた」。ライバルメーカーの幹部はそう漏らす。新機構には一般的に価格の高いリチウムイオンバッテリーを搭載している。にもかかわらず、価格は従来車に比べ約5・7万円高に抑えた。電圧調整を必要としないシンプルな機構としたことや、車種グレードを二つに絞り、部品共有化を積極的に進めた。開発担当者の松井時男チーフエンジニアは「1台当たりの採算性は、むしろ以前より高い」と胸を張る。

シェア低下続く中で主力車種を前倒し投入

「車を財産というより、移動手段としてとらえる人が増えた。移動手段なら、軽で十分」(鈴木会長)。確かに消費者の軽自動車に対する支持は広がっている。今年1~8月、乗用車販売に占める軽の比率は34・1%。新車の3台に1台は軽という時代になった。昨秋にはトヨタ自動車が軽市場に参入し、すべての乗用車メーカーが軽を販売している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT