新型ワゴンRで試されるスズキ国内販売の「真価」

実はその中で、スズキのシェアはジリジリと減少が続く(グラフ)。2006年には34年間守っていた首位の座から陥落。ダイハツ工業「ミライース」、ホンダ「N BOX」など、ライバルが相次いで主力車を投入したこともあり、今年1~8月のスズキのシェアは、トップのダイハツに7・7ポイントもの差をつけられた。

だからこそ、新型ワゴンRは失敗が許されない。これまで5年周期だったモデルチェンジを4年に短縮。「決算月の9月に新商品が欲しい」という営業現場の要請を受け、投入をさらに数カ月前倒しした。

トップ奪回に向け、最も「目の色を変え」なくてはいけないのが、国内販売を統括する田村実副社長だ。だが、田村副社長に焦りは感じられない。「そんなに慌てる必要はない。(ホンダなどの主力車投入も)市場規模が増えるので、ウエルカムだ」。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。