二次電池で世界をリードする韓国企業、次の市場開拓に備えよ


 日本の市場調査会社IITはこの6月に、二次電池市場における韓国企業のシェアが今年はさらに高まるとする予測を発表した。2位日本との差はさらに広がる。

二次電池とは使い捨てではなく、充電して再利用できるリチウムイオン電池のこと。IITによると、小型二次電池でサムスンSDIはシェアを拡大してトップを維持し、LG化学はパナソニックを抜いて2位になる見込み。昨年は韓国企業のシェアが日本企業を上回った。

リチウムイオン電池は、1970年代に米国の大学が開発に成功、91年にソニーが商用化に成功してから日本企業が独走していた。2000年には二次電池のシェアは日本企業が95%を占めていた。韓国は00年にリチウムイオン電池の開発を始めたが、今や日本を追い抜いた。

二次電池市場は、電池の大きさで二つに分けられる。携帯電話やタブレットPC、小型音響機器に使われる小型電池市場と、電気自動車と大容量エネルギー貯蔵システムに使われる中・大型バッテリー市場だ。韓国企業が1位を走る市場は小型電池市場。自動車用バッテリーをはじめ中・大型市場では、まだ絶対的強者がいない。

世界中の企業が、新たな素材の開発に余念がない。リチウムイオン電池を完成車メーカーに供給している企業もあるが、限界はある。リチウムイオン電池では一度の充電で300キロメートル以上を走らせるのは難しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT