二次電池で世界をリードする韓国企業、次の市場開拓に備えよ


 日本の市場調査会社IITはこの6月に、二次電池市場における韓国企業のシェアが今年はさらに高まるとする予測を発表した。2位日本との差はさらに広がる。

二次電池とは使い捨てではなく、充電して再利用できるリチウムイオン電池のこと。IITによると、小型二次電池でサムスンSDIはシェアを拡大してトップを維持し、LG化学はパナソニックを抜いて2位になる見込み。昨年は韓国企業のシェアが日本企業を上回った。

リチウムイオン電池は、1970年代に米国の大学が開発に成功、91年にソニーが商用化に成功してから日本企業が独走していた。2000年には二次電池のシェアは日本企業が95%を占めていた。韓国は00年にリチウムイオン電池の開発を始めたが、今や日本を追い抜いた。

二次電池市場は、電池の大きさで二つに分けられる。携帯電話やタブレットPC、小型音響機器に使われる小型電池市場と、電気自動車と大容量エネルギー貯蔵システムに使われる中・大型バッテリー市場だ。韓国企業が1位を走る市場は小型電池市場。自動車用バッテリーをはじめ中・大型市場では、まだ絶対的強者がいない。

世界中の企業が、新たな素材の開発に余念がない。リチウムイオン電池を完成車メーカーに供給している企業もあるが、限界はある。リチウムイオン電池では一度の充電で300キロメートル以上を走らせるのは難しい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT