ものづくりからの復活 円高・震災に現場は負けない 藤本隆宏著 ~良い現場を日本に残すためにどうすべきか

ものづくりからの復活 円高・震災に現場は負けない 藤本隆宏著 ~良い現場を日本に残すためにどうすべきか

評者 中沢孝夫 福井県立大学地域経済研究所所長

 これほど時宜を得た本があるだろうか。震災前と震災後の日本について、ものづくりの現場、サプライチェーン、電力、中小企業、農業、そして貿易交渉やサービス業のあり方といった幅広いテーマを対象とし、そのすべてを通底させ、説得的に問題の所在と解決方法を明らかにしている。キーフレーズは「良い現場を日本に残そう」である。

「現場」とは、「企業にあって直接的に付加価値を生む場、それを通じて雇用を生む場」のことである。その現場が「生産性や品質の向上を達成することで」競争力を高めることが、日本がグローバル競争で生き残る条件の一つであると主張する。

1ドル360円から80円に至った円高の中で、なお製造業がグローバルな場でプレイヤーとして存在できるのは、持続的な競争力の強化(著者の言葉で「能力構築競争」)がゆえである。

リーマンショックから大震災の後にかけて、日本にあふれたのは悲観論だった。たとえば数社のエレクトロニクス系メーカーの経営の失敗を「日本の製造業の敗北」のように見立てて、サービス中心の産業構造への転換の主張があとをたたない。しかし、「製造業とサービス業を白黒で分ける単純な二分法は、産業競争力の分析においても、もはや時代遅れ」である。セブン‐イレブンや宅配便が「現場」をかぎりなく進化させている現状を見れば、「顧客に向かっての流れの良さ」という意味で、製造業と同質である。流行のソリューションビジネスとは「製造業とサービス業の融合」なのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。