米連邦議会発砲、当局者はテロとの関連否定

ホワイトハウス一時閉鎖

 3月28日、米首都ワシントンにある連邦議会のビジターセンターで、男が武器のようなものを警官に向けたため、警官が発砲した。写真は銃撃事件発生後、国会議事堂近くを警備する警官(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米首都ワシントンにある連邦議会のビジターセンターで28日、男が武器のようなものを警官に向けたため、警官が発砲した。警察が明らかにした。

男は負傷し、病院に搬送された。重体だが容体は安定しているという。

近くにいた女性がけがを負い、病院に搬送された。容体は明らかになっていない。警官にけが人はいない。

米政府当局者はテロとの関連性を否定した。

米議会はこの日、イースター(復活祭)の休暇で休会。多くの議員は地元に戻っており、不在だった。

*内容を追加します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT