米連邦議会発砲、当局者はテロとの関連否定

ホワイトハウス一時閉鎖

 3月28日、米首都ワシントンにある連邦議会のビジターセンターで、男が武器のようなものを警官に向けたため、警官が発砲した。写真は銃撃事件発生後、国会議事堂近くを警備する警官(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米首都ワシントンにある連邦議会のビジターセンターで28日、男が武器のようなものを警官に向けたため、警官が発砲した。警察が明らかにした。

男は負傷し、病院に搬送された。重体だが容体は安定しているという。

近くにいた女性がけがを負い、病院に搬送された。容体は明らかになっていない。警官にけが人はいない。

米政府当局者はテロとの関連性を否定した。

米議会はこの日、イースター(復活祭)の休暇で休会。多くの議員は地元に戻っており、不在だった。

*内容を追加します。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT